現金化初心者におすすめ!Amazonギフト券買取の詳しいやり方、クレジットカード現金化との違いについて

- Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化って何が違う?大きな3つの違いを解説

Amazonギフト券買取とクレジットカード現金化って何が違う?大きな3つの違いを解説

Amazonギフト券買取業者もクレジットカード現金化業者は似てるけど実はここが違う!ここ数年Amazonギフトが人気になっている理由は「リスクの低さ」にあった?
急に手元に現金が必要になった時に便利な現金化サービス。キャッシュレスの時代になったからこそ、現金が急に必要になった時には手元になくて焦ったりしますよね。現金化において比較される「クレジットカード現金化」と「Amazonギフト券買取」って何が違うのか知っていますか?

どちらも基本はクレジットカード現金化と同じ

最初には別物として紹介しましたが、AmazonギフトもクレジットカードでEメールタイプを購入して業者に売ることになるので、最終的にはクレジットカード現金化と同じことをしていると言えます。
そもそもクレジットカード現金化は消費者金融と違って審査がなくスピーディーに現金を得ることができる便利な手段。その魅力はどちらも同じように持ち合わせているのです。

クレジットカード現金化との違い

違い1「実店舗の有無」

ギフト券現金化業者のほとんどがヤフオクやフリマなどオンラインでのやり取りだけで、実店舗を持っていませんがクレジットカード現金化はたまに駅前などで実店舗を見かけることがあるでしょう。顔の見えない取引だと不安という人は実店舗を直接訪れることができるというのは一つの魅力かもしれません。ただ、実店舗を構えている業者は換金率が落ちる場合が多いので注意が必要です。

違い2「換金率の高さ」

クレジットカード現金化がたいてい80〜90%の換金率であるのに対し、ギフト券現金化は85〜90%、高ければ92%程度が相場になります。大きな金額の現金化の場合は1%でも大きな差になるので、換金率を比較するとギフト券現金化業者の方が魅力的です。

違い3「クレジットカード情報の有無」

最大の違いはクレジットカード情報が必要かどうかです。ギフト券現金化の場合はギフトコードと本人確認書類が必要になるだけでクレジットカード情報は必要ありません。一方、クレジットカード現金化の場合はクレジットカード情報が必要になるので万が一悪用された場合大変なことになります。他人にクレジットカード情報を教える必要がないという点はギフト券現金化業者の大きな魅力でしょう。

換金率と安全面から初心者にはAmazonギフト現金化がおすすめ

Amazonギフトのようにオンライン上で使用する電子ギフトカードはiTunesカードやGooglePlayギフトカードのようにいくつか種類がありますが、換金率は圧倒的にAmazonギフトが高いです。ちなみに申込みまでの手順は以下の通りです。

Eメールタイプを購入しよう

ギフト券現金化業者の多くは基本的にEメールタイプ以外のギフト券は取り扱い不可、もしくは買取価格が大幅に下がる傾向があります。コンビニに置いてあるようなカードタイプではなく必ずEメールタイプを購入しましょう。

額面金額1万円以上がおすすめ

どの業者でも額面金額が高ければ高いほど換金率は高くなります。初回申し込みの場合は少額でも高い換金率が保証されている場合もありますが、2回目以降はそのキャンペーンは通用しません。1万円以上であればたいていどの業者でも高換金率で取引可能です。

複数業者を比較しよう

業者によって買い取り可能な最低金額、換金率は異なります。検索結果の上位に出ているからといってそこが必ずしもお得というわけではないのでいくつか業者を比較検討してから申し込むところを決定するようにしましょう。クレジットカード現金化業者に比べるとAmazonギフト現金化業者は少数精鋭といった感じでギフトグレースなど優良業者が多い印象がありますが、それでも詐欺の事例はいくつかあります。最大換金率ばかり宣伝するような業者は危険なので、引っかからないように注意が必要です。