Amazonギフト券、iTunesカード、GooglePlayギフトカード、現金化ならどれを買うべき?

- Amazonギフト券、iTunesカード、GooglePlayギフトカード、現金化ならどれを買うべき?

Amazonギフト券、iTunesカード、GooglePlayギフトカード、現金化ならどれを買うべき?

高換金率を狙える電子ギフトカードはこれだ!カードによって換金率は10%以上差がつくことも。どれもオンラインで簡単決済できる3つのプリペイドカードを比較しておすすめギフト券をご紹介します。
業者に買い取ってもらうことができる電子ギフト券はAmazonギフト券だけではありません。同じように人気の高いギフト券としてiTunesカードやGooglePlayギフトカードなどもあります。現金化目的ならやはり換金率の高い商品を選びたいですがどれを選ぶべきなのでしょうか?

買取率が高いのは「Amazonギフト券」

オンライン上で利用できる電子ギフト券はいくつかあり、たいていどれも専門業者に買い取ってもらうことは可能です。ただ換金率はAmazonギフトが頭一つ抜けています。

  • Amazonギフト(89.5%)
  • iTunesカード(78.5%)
  • GooglePlayギフトカード(79.5%)

これはある業者の換金率の比較ですが、どの業者でもAmazonギフトがもっとも高額になることは同じです。iTunesとGooglePlayは時期によってどちらの換金率が良いか変わるので一概に言えませんが、現金化を目的で購入するなら間違いなくAmazonギフトがおすすめです。
ただ、一つだけ気をつけなければならないのがEメールタイプでなければならないということ。コンビニに置いてあるカードタイプや印刷して使うシートタイプだと買い取ってもらえなかったり、換金率が極端に下がってしまう可能性が高いです。

アカウントにうっかりチャージしてしまった場合の対処法

Amazonギフトを現金化する場合は、自分のアカウントに登録する前に買い取ってもらう必要があります。うっかりチャージしてしまわないように気をつけましょう。
しかし、もともと売るつもりはなくて購入したギフト券だった場合はすでにチャージ済みの場合もあるでしょう。もしくは残高を現金化したいという場合はどのようにすべきなのでしょうか?

ビール券、ゲームソフトを買って実店舗で現金化

高い換金率を狙うなら、ビール券やゲームソフトを買って金券ショップやTSUTAYAなどゲーム買取をしてもらえる店舗に転売するのがおすすめ。ゲームソフトは目利きセンスがあれば中古で買って中古で売り100%近い換金率になることもありますし、ビール券もAmazonで購入する際は割高で購入することになりますが、金券ショップでの換金率が良いので最終的には80%程度現金化することが可能です。

iTunesカード、GooglePlayギフトカードを買ってオンライン上で現金化

チャージしてしまった残高をiTunesカードやGooglePlayギフトカードに変えれば、オンライン上で業者を通して現金化することができます。換金率はビール券に比べると落ちますが現金化をオンライン上で簡単に済ませたい時には便利な方法です。

関連記事: