Amazonギフト券が最も高く売れるのは業者?店頭?フリマ?

換金率90%以上は可能?フリマやオークションサイトなどの個人売買とAmazonギフト券買取専門業者を比べるとどちらがお得なのかを徹底比較!一番お得な方法で現金化したい人必見のリアル現金化事情をお伝えします。
Amazonギフトコードの換金率は売買方法によって10%も変わる場合も!1万円なら1000円、10万円なら1万円もの差がついてしまうので換金率の差は馬鹿になりません。でも、本当にお得かどうかは換金率だけじゃわからないこともあるんです!

フリマは手数料と送料で損をする

個人売買の多くを占めるメルカリなどのフリマサイトでも、Amazonギフトコードは出品可能です。
実際にあるフリマサイトでは2000円分のギフト券が1980円で出品されていました。これだけなら99%の換金率という恐ろしい数字ですが、ここから手数料(このサイトでは3.5%)と送料(保証付き179円)を差し引きます。
1980円-69円(手数料)-179円(送料)=1732円
パーセンテージにすると最終的な換金率は86.6%になります。2000円という少額取引にしては良い数字かもしれませんが、発送の手間がかかるのと、換金までのスピードは早くても2日ほどかかる、そして個人間でのトラブルの可能性がついて回るというところがネックです。

店頭買取は基本NG

金券ショップなど店頭での買い取りは基本的にできません。数店舗実店舗で買い取りをしている店舗もあるようですが、換金率が下がることが多く、オンライン業者と比べるとあまりお得とは言えないのが現状です。
顔の見える取引の方が良いという場合はギフト券でビール券やゲームソフトなど換金率の高い商品を購入し、それを実店舗で転売する形で現金化する方法が現実的です。
ちなみに、ゲームソフトは目利きセンスも必要でその時の人気によって換金率は変わります。100%近い換金率の時もあれば70%程度になってしまうこともあるでしょう。一方、ビール券の場合は換金率が安定しているので現金化初心者におすすめです。

換金率&安全性のバランスから専門買取業者がおすすめ

換金率と利便性、安全性のバランスが取れているのがAmazonギフト券買取業者です。
初回は換金率90%を保証してくれるところもありますし、手数料はかからないところがほとんど。申し込みは数分、振込も基本的には数時間以内に完了するのでスピーディーで手間もかかりません。3つの方法を比較すると間違いなくお得です。

更新日:

Copyright© 現金化初心者におすすめ!Amazonギフト券買取の詳しいやり方、クレジットカード現金化との違いについて , 2019 All Rights Reserved.